ホーム > ツインリンクもてぎ(栃木県)

RACE

7

11月2日(土)〜3日(日)

ツインリンクもてぎ(栃木県)

第7戦はいよいよ最終戦!!
インディジャパン300やロードレース世界選手権日本GPなど、世界的に有名なレースが行なわれてきた栃木県にあるツインリンクもてぎ。
最終戦にふさわしいコースに、エントリー数は、なんと!!第一戦の富士スピードウェイの82台を越える92台。今までで一番の台数となり、多くの人たちが訪れていました。

11月2日(土)予選/天気:曇り 路面状況:ドライ

5戦、6戦と連続で予選では雨続きでしたが、もてぎでは天候は曇り。
ようやくドライバー、メカニックも本来のペースでそれぞれのレースに向き合うことが出来ました。

予選はA,B組の2つに別れて行なわれ、各組40台以上の車が出走。
その中で上位のドライバーのみが、決勝に進めるという厳しいレースとなりました。

まずはA組予選に28番の町田が出走。
練習走行でのマシンのフィーリングが良く予選も期待できましたが、さらなるセッティングが思うように行かずA組35位で予選を追え、予選落ちでコンソレーションレースに挑むことになりました。
今回の予選は普段上位で走行しているドライバーも予選落ちになるなど波乱の予選となりました。


B組予選には29番の小山が出走。
多くの車がコース上で予選にアタックしている中で、いかに自分のペースでコース取りを
するかがポイントでした。その状況の中で小山は果敢にアタックしB組20位で決勝進出となりました。


11月3日(日)コンソレーションレース/天気:曇り 路面状況:ドライ 5LAPS

コンソレーションレースは決勝レースの半分の5周で行なわれました。
このレースには43台がグリッドに並びました。決勝レースは45台で争われたので、コンソレーションレースも決勝並みの大迫力がありました。

28番の町田は、23位グリッドからスタートでした。
レースは序盤からマシンにトラブルを抱えての走行。エンジンの噴けが悪く、通常4速で走行するところで4速に入れられないなどコースに合った走行ができず我慢のレース。
25位でゴールしました。

11月3日(日)決勝/天気:曇り 路面状況:ドライ 10LAPS

決勝となるとスターティンググリッドも華やかで大勢のカメラマンがコース上に溢れていました。小山とメカニックも最後の作戦をコース上で確認しレースに挑みました。
29番の小山は40位グリッドからのスタートでした。

レースに入ると、どの選手もハイスピードでコーナーを駆け抜けるなどコンソレーションレースとは違った緊張感がありました。

小山は、スタート時から中盤までの大渋滞の中での走行。他車とサイド・バイ・サイドの展開が続く駆け引きの多いレース展開が続きましたが、終盤は混戦の中を抜け出し36位でゴールしました。

今年の「GAZOO Racing 86/BRZ Race」は、1年目という事で、ドライバー、メカニックとも手探りの状態からスタートでしたが、終盤にはチームワークという一つの形が示すことが出来ました。
また普段味わうことができない経験することができ、改めて「クルマの楽しさ」を発見することが出来ました。

これからも「Uグループレーシング」は、さまざまな場でクルマの楽しさをお伝えしてまいりますので、応援よろしくお願いいたします。


このページのTOPへ